起業・独立前の準備

ビジネスカード(法人カード)の作成

中小企業や個人事業主向けの法人カードは、一般にビジネスカードとも呼ばれています。会社や事業を立ち上げたら、経費処理のため公私の区別が必要です。そのため、経費の支払いはビジネスカード(法人カード)を利用するようにすると、経費管理が簡単になります。

会社の経費の支払いにビジネスカードを利用すると、個人で立て替える必要がないため、事務処理(立替処理)が減ります。小口の現金も用意する必要もありませんし、さらにはカードのポイントも貯まります。

また、ビジネスカードを利用すると、諸経費をカード会社が、約1~2ヶ月立て替えておいてくれるので、会社側はカードの支払日までは現金を手配する必要がありません。支払いサイト(決済の時期)が遅くなる資金繰りが楽になります。

ビジネスカードは、従業員にも発行することができるため、立替手続きの軽減につながる他、毎月送られてくる利用明細を見れば、従業員の経費の使用状況を一目で確認することができます。

このような理由から、現在多くの中小企業でビジネスカード(法人カード)が利用されています。

ビジネスカードのメリット

  1. 公私の区別がつき、立替処理の手間が軽減される。
  2. 経費管理が簡単になり、決算業務が楽になる。
  3. 従業員の経費の使用状況が一目でわかる。
  4. 小口の現金を毎回用意しなくて済む。
  5. 支払いサイトが長くなるため、資金繰りが楽になる。
  6. ビジネスカードのポイントが貯まる。
  7. 出張の際には自動的に高額の旅行保険がついている。
  8. 様々な割引や空港のVIPラウンジなど特待サービスを受けることができる。

ビジネスカードのデメリット

  1. 年会費がかかる。
  2. 個人のカードに比べ、審査が厳しくなるため、ビジネスカードによっては審査が通らない場合がある。

 

おすすめの法人向けETCカード

車を多く利用する法人であれば、高速道路の利用に応じてキャッシュバックされるお得な法人向けETCカードの利用も検討してみてください。現金で通行するよりも30%~50%安くなります。

カード名 年会費 備考
法人ETCカード
500円 法務省から認可を受けている高速情報協同組合が発行している法人ETCカード。ETCマイレージサービスを受けることができるため、毎月の支払額に応じて無料通行分と交換できるポイントが貯まります。5万円分走行して、8,000円還元。しかも車両限定でないため、名義に関係なくどの車でも利用可能。クレジット機能がついていないため安心で、加入審査もありません。

 

以下のページでは、その他の開業準備項目について解説しています。

開業する事業で許認可が必要か確認する ⇒ 許認可申請が必要な業種
会社の印鑑を作成する ⇒ 会社印鑑の作成
名刺を作成する ⇒ 名刺の作成・作り方
事務所を開設する ⇒ オフィス開業(事務所の決定)
オフィスの備品を準備する ⇒ オフィス用品をそろえる
ホームページを用意する ⇒ ホームページを作る(依頼する)
個人事業用の銀行口座を作成する ⇒ 個人事業の銀行口座開設
法人用の銀行口座を作成する ⇒ 法人の銀行口座開設
個人事業用のカードを作成する ⇒ 個人事業のクレジットカード
法人カードを作成する ⇒ 法人カード(ビジネスカード)

個人事業の開業手続きは ⇒ 個人事業主 開業の方法
会社設立の手続きは ⇒ 会社設立の手続き

ページの先頭へ