起業・独立前の準備

会社の種類・形態 (個人事業、株式会社、合同会社などの比較)

個人事業、合同会社、株式会社など、事業の形態が様々なため、その特徴を比較してみます。なお、有限会社は新会社法の施行により新規に設立ができなくなりましたので、ここでは割愛します。

  個人事業 株式会社 合同会社
(LLC)
合名会社 合資会社
事業 小規模
事業
中小企業
から
大企業まで
少人数での
共同事業
少人数での
共同事業
少人数での
共同事業
組織 個人事業 法人 法人 法人 法人
資本金 なし 1円以上 1円以上 1円以上 1円以上
構成員 1人以上 1人以上 1人以上 2人以上 2人以上
責任 無限責任 有限責任 有限責任 無限責任 無限責任と
有限責任
決算の公表 不要 必要 不要 不要 不要
税金 所得税 法人税 法人税 法人税 法人税
社会的認知度 低い 高い 低い 低い 低い
設立費用
なし 20万円以上
10万円以上
10万円以上 10万円以上
費用内訳 なし 印紙税(※) 40,000円
登録免許税150,000円
定款認証50,000円
印紙税(※) 40,000円

登録免許税 60,000円
印紙税(※) 40,000円

登録免許税 60,000円
印紙税(※) 40,000円

登録免許税 60,000円

(※) 電子定款による認証の場合は、0円です。ただし、電子定款を自分で作成し、かつ認証を受けるには、それなりの手間と費用がかかります。

会社名を外部へ出すことが多い場合や企業と取引が多く発生する場合は、株式会社が無難です。まだ「株式会社」以外の会社形態では、どうしても信用されにくい面があります。

SOHOで起業する場合や、対消費者向けのビジネスの場合は、個人事業でも問題のないケースがほとんどです。

有限会社について

2006年5月1日の会社法施行に伴い有限会社法が廃止され、それ以降は有限会社を設立できなくなりました。2006年5月1日の会社法施行前に存在していた有限会社は、以後は株式会社として存続しますが、従来の有限会社に類似した経過措置・特則が適用されます。また、社名の変更も強制されないため、現在も有限会社を名乗る企業が多く存在しています。

法人成りについて

起業当初を個人事業で始め、事業(売上)の見込みが立つようになってから、株式会社にするケースがあります。これを法人成りと言い、最もリスクの少ないパターンになります。

 

 

次のページ( 個人事業と法人の税金 )

開業に必要な準備について

開業する事業で許認可が必要か確認する ⇒ 許認可申請が必要な業種
会社の印鑑を作成する ⇒ 会社印鑑の作成
名刺を作成する ⇒ 名刺の作成・作り方
事務所を開設する ⇒ オフィス開業(事務所の決定)
オフィスの備品を準備する ⇒ オフィス用品をそろえる
ホームページを用意する ⇒ ホームページを作る(依頼する)
個人事業用の銀行口座を作成する ⇒ 個人事業の銀行口座開設
法人用の銀行口座を作成する ⇒ 法人の銀行口座開設
個人事業用のカードを作成する ⇒ 個人事業のクレジットカード
法人カードを作成する ⇒ 法人カード(ビジネスカード)

個人事業の開業手続きは ⇒ 個人事業主 開業の方法
会社設立の手続きは ⇒ 会社設立の手続き

ページの先頭へ