起業・独立前の準備

個人事業主のクレジットカード

個人事業主となったら、個人事業用の銀行口座開設だけでなく、クレジットカードも作成するようにしましょう。

それは、クレジットカードをプライベート用と事業用に分けると、経費管理や確定申告の際に大変便利だからです。

事業を開始すると、オフィスの備品などの消耗品や交際費、出張旅費などの費用がかかります。これらの費用を毎回個人で立替えることは煩わしいですし、プライベートで使用したお金か、個人事業で使用したお金か、区別がつきにくいため、決算の際の経費処理に大変苦労します。

個人事業用のクレジットカードがあると、確定申告の際の仕訳が効率的にできますし、税務調査の時もクレジットカードの明細自体が証拠になります。また、毎月、カードの明細が届きますので、いつ、どんな経費に、どれくらい使用したのかが、一目瞭然でわかります。そのため、経費の削減など経費管理も簡単になります。さらには、カードのポイントも貯まりますので、言うことがありません。

個人事業主のクレジットカードのメリット

  1. カード使用をプライベートと事業用と分けることで、公私の区別がつき、確定申告の仕訳など、経費管理が楽になります。
  2. 小口の現金を毎回用意しなくて済みます。
  3. 個人事業の費用をカード決済にすれば、カードの利用から支払いまでに約1~2ヶ月のサイトがあるため、支払期日を延ばすことができます。会社との取引などの場合、多くの会社は掛けによる支払のため、支払サイトが遅いほど決済が楽になります。
  4. 国内外の出張に対して、高額の旅行保険が付帯されている。
  5. 様々な割引や特待サービスを受けることができます。
  6. ポイントが貯まります。

個人事業主のクレジットカードのデメリット

  1. 基本的に年会費がかかります。(年会費が無料のものもあります)
  2. プライベート用と事業用とで、最低2枚以上のクレジットカードを持つことになり、クレジットカードが多くなります。

 

おすすめのクレジットカード

下記でおすすめするクレジットカードは、個人事業主でも審査が通りやすく、ポイント還元率も比較的高めだったり、経費管理に大変すぐれたビジネスカードです。

カード名 年会費
(税抜)
備考
楽天カード

無料 通常のポイント還元率は1%と高い上に、楽天市場で利用するとポイント還元率は2%となり、ポイント還元率で最高水準のカードとなります。ETCカードも無料で発行可能です。
三井住友法人カード for owners クラシックカード
1,250円 経費管理の一元化など、ビジネスカードとして基本的な機能が押さえられています。他のビジネスカードに比べて年会費が低いのが特徴。
ゴールドカードは、年会費10,000円+税。ゴールドカードのステータスに加え、空港ラウンジが無料で利用できたり、カード利用枠や旅行傷害保険が増額となります。
JCB法人カード
1,250円 経費管理の一元化などビジネスカードとして基本的な機能が押さえられています。他のビジネスカードに比べて年会費が低いのが特徴。
セゾン・プラチナビジネス・ アメリカンエキスプレスカード
20,000円 個人事業主向けのビジネス・プラチナカード。コストの分析や改善に役立つ直近3ヵ月分の利用明細データや、365日24時間対応のコンシェルジェサービス、国内外の空港ラウンジの無料利用、宅配サービスや事務用品の優遇価格など、プラチナカードならではの最高水準のサービスが付帯。しかも、獲得したポイントに有効期限はありません。一般向けのセゾン プラチナ・アメックスカードは招待制ですが、このカードは申込可能。年間200万円以上の利用で、翌年度年会費が半額になります。最高水準のビジネスカードを利用したい方はこちら。

サラリーマンを退職してから、新規にクレジットカードを申し込むと、信用力が低下しているため、カード会社の審査に通らないことがあります。そのため、なるべくサラリーマンのうちにクレジットカードを作成するようにしましょう。すでに個人事業主の方も上記のクレジットカードは審査が通りやすいため、十分に可能性があります。ぜひチャレンジしてみてください。

お得な個人事業主のETCカード

車を多く利用する個人事業主であれば、高速道路の利用に応じてキャッシュバックされるお得な事業主向けETCカードの利用も検討してみてください。現金で通行するよりも30%~50%安くなります。

カード名 年会費 備考
法人ETCカード
500円 法務省から認可を受けている高速情報協同組合が発行している法人ETCカード。ETCマイレージサービスを受けることができるため、毎月の支払額に応じて無料通行分と交換できるポイントが貯まります。5万円分走行して、8,000円還元。しかも車両限定でないため、名義に関係なくどの車でも利用可能。クレジット機能がついていないため安心で、加入審査もありません。

 

以下のページでは、その他の開業準備項目について解説しています。

開業する事業で許認可が必要か確認する ⇒ 許認可申請が必要な業種
会社の印鑑を作成する ⇒ 会社印鑑の作成
名刺を作成する ⇒ 名刺の作成・作り方
事務所を開設する ⇒ オフィス開業(事務所の決定)
オフィスの備品を準備する ⇒ オフィス用品をそろえる
ホームページを用意する ⇒ ホームページを作る(依頼する)
個人事業用の銀行口座を作成する ⇒ 個人事業の銀行口座開設
法人用の銀行口座を作成する ⇒ 法人の銀行口座開設
個人事業用のカードを作成する ⇒ 個人事業のクレジットカード
法人カードを作成する ⇒ 法人カード(ビジネスカード)

個人事業の開業手続きは ⇒ 個人事業主 開業の方法
会社設立の手続きは ⇒ 会社設立の手続き

ページの先頭へ